大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

ビタミンCの含まれていないスピルリナは美容に有効なのか

    

60種類以上の多くの栄養素を含んでいるスピルリナは、健康だけでなく美容やダイエット効果にも期待ができる、大昔から人々の間で食用されてきた藻類の一種です。

古来より常用されてきたこともあり比較的安価で、サプリメントやパウダー状になっているのが一般的です。

同じく藻類であり多くの栄養素を含むユーグレナは苦みや独特の臭いがあるのに対し、こちらは磯の香りが懐かしい海苔に近い味で非常に親しみやすいといえます。

多くのビタミンやミネラル、たんぱく質多必須アミノ酸などを含んでいるので、お子さんにはパンケーキなどに入れて食べさせると食べやすいかもしれません。

ビタミンCが含まれていないのは本当か

ビタミンB群を始めミネラルや必須アミノ酸、たんぱく質など多くの栄養素が含まれているのですが、実はビタミンCは含まれていないということをご存知でしょうか。

ビタミンCが含まれているのは、同じく藻類で多くの栄養素を含むユーグレナです。
ユーグレナには他にもDHAやEPAなどの成分は含まれていますが、2005年に発見されたばかりの食材であり大量生産が難しくまだまだ研究段階にある食材でもあります。

ビタミンCといえば美容にとって代表格である成分ですが、これが含まれていないのになぜ良いといわれているのか気になるところではないでしょうか。

実は、スピルリナに含まれているのはそれだけではないのです。

核酸と抗酸化作用が強い味方

核酸は、体内で生成される成分ですが加齢によって生産量が徐々に少なくなっていくのが一般的です。

スピルリナには核酸が含まれており、摂取することで体の中で不足している核酸を補うことができ、それによって細胞の新陳代謝を促進することができるのでアンチエイジング効果が期待できるのです。

また、体内に活性酸素がたまるとそれが細胞を傷つけることで体は老化していきますが、スピルリナに含まれるβーカロテンには活性酸素を除去する働きをする抗酸化作用があるのでアンチエイジングに有効であり、それ以外のビタミンや栄養素が普通の食事だけでは不足しがちな栄養素を補ってくれるので、結果的に美容に良いといえるのです。

そのほかの期待できる効果は

その他にも、多くの食物繊維やクロロフィルなどの成分が含まれているので腸内環境を整え便秘解消にも役立ちます。

ホルモンバランスを整えることで生理不順の改善や冷え性の改善などにも効果的です。
リノール酸やリノレン酸などを含むため、血糖値を正常化にして動脈硬化や高血圧の予防にも一役買ってくれるのです。

良質なたんぱく質も多く含むため、髪にハリやコシを与えて育毛にも効果が期待できるスーパーフードといえるでしょう。

野菜不足の人、なんとなく元気がない人や貧血気味の人なども、積極的に摂取してほしい食材だといえます。