大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナで身体に大切なタンパク質を摂りましょう

    

そんな風に尋ねられたら、健康機能食品などによほど詳しい方でなければ、「今まで聞いたこともない」と答える方は多いのではないでしょうか。

スピルリナはアフリカのサハラ砂漠にあるチャド共和国のチャド湖で発見された藻類であり、ラテン語のらせんを意味し、英語でいうところのスパイラルです。

約35億年前に地球上に現れた濃緑色のねじれた形状を持つ、日本の水前寺海苔などと同じ藍藻類なのです。

そして、長さ0.3mm~0.5mmという微細なサイズでありながら、その中に栄養豊富という驚くべきパワーを秘めていたのです。

驚くべきパワーの正体

チャド湖の周辺に住む原住民たちは、遊牧も耕作もできない砂漠という過酷な環境の中で暮らしています。

そして、この周辺で彼らが営んでる現在までの長期間の生活を支えてきたのが、スピルリナだといえるのです。この藍藻類に含まれている成分の良質のタンパク質と緑黄色野菜に含まれているのと同じさまざまな成分があってこそ、彼らの健康が保たれてきたといっても過言ではありません。

しかもタンパク質の含有量は、約60%から70%ともいわれており、大豆が持つ24%と比べても抜きん出ていることはひと目で分かります。

含まれる成分が重要なわけ

人間の身体が水やタンパク質などで構成されているのだということは、すでに多くの方が知っているところですが、そのタンパク質を構成している20種類のアミノ酸の中で9種類は体内で合成できないことはご存知でしょうか。つまり、必須アミノ酸と呼ばれるその9種類は、必ず食物などによって体内に取り込まなければならない成分であるのです。

また、そのほかに含まれているビタミンやミネラルは30種類以上にものぼり、野菜だけでは取りきれない牛レバーに多く含まれるビタミンB12までもが、これが持つ栄養素なのです。

スピルリナは万能食です

今まで書き記してきた栄養素のほかにも、ひとつひとつあげればきりがないほどですが、一例をあげれば、カルシウム、亜鉛、鉄分、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウムなど、まだまだ枚挙にいとまがない栄養成分を含んでいるのが、この藍藻類の特徴なのです。

アフリカではもともと、この藻類をチャド湖から収穫後、干して食品として販売していましたが、現在では世界各国が含まれている栄養素に注目し、錠剤などのさまざまな健康機能食品などとして販売していますので、食品で取りきれない身体に必要な栄養素は、これがあれば安心です。