大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

妊娠中でも安心なスピルリナのサプリ

    

日本は、健康や美容のためにサプリメントを飲んでいる人が多いです。現在、様々な種類の製品が各メーカーから販売されていますが、根強い人気を誇っているのがスピルリナです。スピルリナは、約30億年前にすでに地球に存在していた藻類の一種です。

らせん形が特徴の単細胞微細藻類で、らせんやねじれを意味するラテン語がその名の由来です。スピルリナは、1967年にエチオピアで開催された国際応用微生物会議で、タンパク質が豊富で、将来の食料源として注目されるべきだと報告されています。そのため、その優れた栄養成分に世界中が注目することになったのです。その後、食品として利用するための研究が各国で進み、現在では大量に培養されるようになっています。

スピルリナは、緑黄色野菜が持つ栄養素の他に、良質のタンパク質も含んでいます。消化吸収性にも優れており、サプリメントとして摂取する場合、持ち運びにも便利なので会社や学校へ持っていく人も少なくありません。

地球上に最初に出現したとされる藻類は、生命力が強いです。スピルリナは、植物と動物両方の特徴を持っています。藻類は、コンブやワカメ、クロレラなど、様々な種類がありますが、スピルリナは淡水に生きる藻とは違って高温、高塩分、高アルカリの厳しい環境で繁殖してきた逞しさがあります。厳しい環境で育つ動植物の特徴は、栄養素が豊富なことです。

スピルリナも、人体では合成できない必須アミノ酸をすべて含み、抗酸化作用があるカロテンやビタミンB群、ミネラルも豊富です。特にタンパク質は、5割から7割という高い含有量となっています。消化吸収率は95%と驚異的に高く、栄養素がスムーズに吸収されます。スピルリナは、培養するときに水をたくさん必要としないため、栄養不良や飢餓撲滅に役立つと考えられています。

メキシコの古い文明で有名なアステカ帝国では、スピルリナを常食していたという記録があります。

また、アフリカの砂漠にある共和国でも、スピルリナをタンパク源として食してきた原住民族がいます。スピルリナが発見されたのは1927年で、発見したのはドイツの海藻学者です。しかし、食用として注目を集めるようになったのは、1967年になってからです。

人間は、糖質や脂肪からエネルギーを得ます。ビタミン、アミノ酸、ミネラルの相互作用により、人間は食べたものをエネルギーや筋肉、血液に変化させて活動できるのです。

最近では、サプリメントとして多くの人が利用しています。妊娠中や授乳中でも安心して摂取できます。

スピルリナは、過剰に摂取しなければ問題はありません。ただ、体質に合わない人もいて、胃の不快感や下痢の症状が出る人もいます。体に何らかの異常が起こった場合は、すぐに摂取するのを止めて医師の診察を受けた方が安心です。
スピルリナには、葉緑素が含まれています。葉緑素が分解されてできる物質の中には、光過敏症の原因になるものもあります。

スピルリナに含まれている核酸は、エイジングケアにとって大切です。核酸を外から摂取すると、新陳代謝が促され、老化防止にも役立ちます。

また、傷ついた遺伝子を修復する働きもあるので、美容に気を使っている女性の利用者が多いです。スピルリナに含まれているビタミンCやビタミンE、葉緑素、青色色素には、強い抗酸化力があります。活性酸素は、老化や病気の原因となりますが、抗酸化力によって活性酸素を除去することができます。

日本女性は、貧血に悩んでいる人が少なくありません。葉緑素は、緑の血液とも呼ばれ、血液の原料になります。そのため、貧血にも効果的なのです。核酸や赤血球にとって大切なビタミンB12も豊富です。