大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナの栄養価が身体に与える効果

    

スピルリナは、繁殖力がとても高いという特徴がある健康食品です。

世界各国で35種類も存在していると言われており、熱帯地方から寒帯地方まで広い範囲に分布しています。

ただし、栄養価が高く食料品としての価値があるものは熱帯地方に分布していることが多いです。

特に、中南米やアフリカというようにアルカリの度合いが強い湖などに存在しています。

しかし、自生している数が多いとしても、全てが大量生産に向いているとは言えません。

大量生産することができる条件は、栄養価が高いことに加え毒性が無いということが重要です。

大量生産しても下がらない栄養価

スピルリナは、存在しているもの全てが大量生産できる条件を満たしているわけではありません。

大量生産するためには、3つの条件を満たしている必要があります。

それは、一切毒性が無いということや栄養素が多いということが挙げられます。

中でも、繁殖力があるということは、欠かすことができない条件の一つと言えるでしょう。

こういった条件を満たしたものだけが、大量生産に向いているという判断が下されるのです。

言わずもがな、大量生産したといっても栄養が下がってしまうことはなく、身体にとって良い成分は豊富に含まれています。

濃度が高いタンパク質

飢餓に苦しむ国々からも注目されているように、身体に良い成分が豊富に含まれていることが最大の特徴です。

まず、配合されているたんぱく質の量が極めて多いです。

一般的に、たんぱく質の量が多いとされる大豆は、39%がタンパク質です。

一方、スピルリナは70%もタンパク質が含まれているのです。

しかも、体内で作り出すことができない必須アミノ酸も多く配合されているため、健康維持に大きく貢献します。

さらに、ビタミンB群も多く、現代人が陥りがちな野菜不足をしっかりと補うことができるとして重宝されています。

3種類の色素成分による恩恵

スピルリナを摂取すると、10グラムあたりおよそ2ミリグラムの鉄分が身体に吸収されます。

鉄分が豊富である上に、その他の30種類以上のミネラルやビタミンにより、バランスの良い食生活を送ることができるようになります。

しかも、3種類の色素成分が配合されています。

3種類の色素成分により、抗炎症作用や抗酸化作用、免疫力の向上が期待できます。

古い植物というと、つい見劣りされがちですが、30億年以上も自生し続けたということを考えた場合、その力強さはお墨付きと言えるでしょう。

さらに、今日においても解明されていない面が多々あります。