大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

注目を集めているスピルリナの栄養素

    

スピルリナは、藍藻類という藻類の一種で、今から30億年ほど前に地球上に誕生した最古の植物の一種です。

大きさは幅が0.005~0.006mm、長さが。30~0.5mmでアフリカや中南米などの亜熱帯地方のアルカリ性の強い塩水湖に生息しています。

「スピルリナ」とはラテン語で「らせん」という意味でくるくるとねじれた形をしており、この名前が付けられました。

食品としての歴史は、1940年ごろ、アフリカ中央部チャド湖の東方の市場で販売されていたとの記録があります。また967年の国際微生物応用学会で、「この藻類はタンパク質が豊富なので、将来の食料品として注目されるべきものである」との報告がなされ、その後食品としての利用研究が進むようになりました。

この食品が含む栄養成分

この藻類100g中の栄養素は、タンパク質を52g~80g含み、脂質は6.7~8.3g、糖質は3.3~5.0g含み、ミネラルとしては、ナトリウム、鉄、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛を含み、ビタミン類はビタミンB1、B2,B6,B12,E、ナイアシン、葉酸、βカロテン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンK1,K2、必須脂肪酸のγリノレン酸やリノール酸とその他クロロフィル、食物繊維、青色の色素フィコシアニンが含まれています。

この含有量は、この藻類の培養された時の季節や日照時間や天候によって異なります。

この藻類を摂取した時の効果

この藻類に含まれるたんぱく質を構成するアミノ酸は、必須アミノ酸(を人が身体の中で作ることが出来ないアミノ酸)バランスよくふくみ、国連食糧農業機関が推奨する基準を満たしています。

これだけの栄養素をふくみますから、人間の健康を保つのに役立ち、免疫力アップや便秘の改善、アレルギーを改善したり、貧血を改善したり、血糖値を下げる効果があったり、ダイエット効果があったり、片頭痛の改善にも効果があると言われています。

消化吸収も良く2時間で95%が要か吸収されます。アルカリ性翌品なので、身体が賛成に傾きがちな現代人には、役立つ食品です。

この藻類の食品としての特徴

この藻類を摂取する場合、日本法人を経由して発売されている物を選ぶべきです。1日の摂取量は2~6g(過剰摂取には注意をしましょう)、まれに下痢発信、胃の不快感が報告されていますので、もし、そのような症状が出れば摂取は控えましょう。

ただ、国連機関で、認証推奨されており、気が、栄養失調策品として使用されており、工業的に開発された緑色食品とは、別のものです。消化が非常によく多くの栄養素をバランスよく含んでいるので、基本的な食生活の向上につながる食品です。余分な添加物も加えられていませんので、安心して使用する事が出来ます。