大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナサプリの効果と成分、免疫力を高めて健康にする

    

スピルリナは人類が誕生する前からすでに存在していた生命体です。生命力が高くて不思議な性質を持つ藻類となりますが、人が食べる事によって様々なメリットを受ける事ができます。スピルリナには身体に必要な成分である炭水化物、脂質、食物繊維、ビタミンとミネラル、その他たくさんの栄養が豊富に含まれているため、民間療法として使えるところも強みです。天然のマルチビタミン、ミネラルとも呼べる栄養が多い食品となります。

スピルリナ自体にはとても味に癖があり、生や粉末のままで食べるのは難しいところがあります。全く食べる事ができない訳ではなく、味の感じ方に個人差は目立ちます。けれどもスピルリナ独特の味と触感、臭いは強いです。言い方を変えればそれだけ栄養成分をたくさん含んでいて、色も深緑の特徴がポイントとなります。味や臭いが不快と感じる場合には、サプリを利用して補給する方がストレスが少なく飲用できます。

スピルリナにはグリコーゲンという物質を含みますが、肝機能を高めてアルコール分解率を早めたり、解毒(デトックス)機能を正常に戻す働きかけがあります。普段から酒をよく飲む人には適したものですが、肝機能が弱るとアルコールが分解されにくくなって、二日酔いや気持ち悪さが生じやすくなりますから、時にはグリコーゲンを狙うのも一つのやり方です。酒を飲んだ後にもスピルリナを飲用するのは良いですが、あらかじめ対策として体内に取り入れておくか、普段から常用しておくと、より肝機能が高まります。

免疫力の強化にも役立ちます。ベータカロテンが多めに含まれているため、身体に取り入れた後に必要な分だけビタミンA(レチノール)に変換されます。身体の調子を整えたり風邪の予防に働きかけます。視力が弱くなったり夜間の視界が狭くなる問題にも効果がありますので、スピルリナサプリはメリットだらけとなります。ビタミンE(酢酸トコフェロール)も入っていますが、天然ですから安全性は高いです。身体の血行を良くして冷え症の改善と予防、マクロファージの機能が弱くなる問題を抑えながら働きを強めます。脂肪の酸化を抑える働きかけもありますが、ベータカロテンと相乗効果が生じて活性酸素を消すようにサポートしていくのも強みです。

スピルリナは基本的にアルカリ性の食品です。そのようなpH(ペーハー)値に当てはまるものを身体に取り入れた時には、酸性に傾こうとしている身体を調節して、体調を良くするのもポイントです。身体は酸性とアルカリ性のバランスを上手く保っていますが、食事がいつも偏りがちだと身体のph値が崩れやすくなります。そうなると不調を感じやすくなりますから、スピルリナのアルカリ性サプリで栄養をとっていくと、不健康を避けられます。

葉緑素とも呼ばれるクロロフィルという成分も含んでおり、菌をやっつけたり増えるのを抑えてくれます。体臭を取り去ってくれるメリットもありますが、スピルリナにはたくさんの葉緑素を含んでいますから、毎日飲んでいくと身体の嫌な臭いや加齢臭を減らしてくれるのも強みです。胃腸を整えてくれる効果もありますから、胃が痛みやすい人や荒れている方には適した成分となります。スピルリナサプリにはたくさんのお得な成分ばかり含まれていますから、飲んで無駄はない食品です。また、深緑色はベータカロテンからだけの色ではなく、クロロフィルやフィコシアニンがメインに成り立った色です。

フィコシアニンはスピルリナに含まれている貴重な成分ですが、身体の免疫力を強くする働きがとても強いです。マクロファージの働きを強くしますが、レチノールや酢酸トコフェロールと相性が良い物質となります。