大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナの効果について解説

    

最古の植物と言われている藍藻類にスピルリナがあります。

大きさは0.3~0.5mmと非常に小さく、主にアフリカや中南米の熱帯地方の塩水湖に自生をしており、古来より食されてきた歴史を持っています。

豊富な栄養素を持つことから、現在、病気の予防や改善、また美容に役立つことで注目を集めており、代表的なものとしては、タンパク質、葉緑素、ビタミン類、ベータカロチンン、γ(ガンマ)リノレン酸があります。

タンパク質は生命を維持する上には必要不可欠なものとして知られていますが、その含有量は65~70%と非常に高く、食品でも大きな大豆の34.3%と比べても大きな値を示しています。

葉緑素とビタミン類について

豊富に含まれる成分に葉緑素があります。血液の原料となることでも知られており、貧血の改善や、アトピー性皮膚炎等のアレルギー、また、疲労回復やコレステロールの低下に役立つことでも広く知られています。

ビタミン類に関しては、確認されている種類として、B1、B2、B6、B12があり、B1には疲労回復、B2においては皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ働き、また、B6では口内炎やニキビ、じんましんなどの皮膚症状に効果があり、動脈硬化の予防やうつ病改善の働きをもっています。B12に関しては悪性貧血、神経症の治療にも使用されることから、消化器疾患、皮膚疾患、内分泌障害対策としても応用されています。

ベータカロチンについて

ベータカロチンは、広く知られているものとしてクロレラやほうれん草がありますが、スピルリナでは、それぞれに対して50倍、60倍という高い含有率を持っており、老化防止に対応をすることができます。

ベータカロチンには人体に害を及ぼす活性酵素を除去する働きがあり、ガンや生活習慣病にも対応ができるものとなりますが、特徴としてビタミンAに変化をすることが知られており、こここでは、美肌や成長促進、視力低下の抑制、粘膜を健康に保つ働きを持っています。

また、カロテノイドの一種であるゼアキサンチンも豊富に含まれているために、黄斑変性症や白内障といった目の病気の予防にも役立つものとなっています。

γ(ガンマ)リノレン酸について

γ(ガンマ)リノレン酸は、人間の健康に多く影響を及ぼす成分となります。ベータカロチン同様に摂取をすることで様々な症状に対応することができ、代表的なものとしては、血糖値を下げることやコレステロール値を下げること、血圧をさげることなどの生活習慣病に効果があり、他にも、アトピー性皮膚炎の抑制や間接リウマチへの対応、また、女性に関しては、月経時に発症する月経前のいらいらや胸の張り、むくみ、頭痛などの症状に対応ができます。

スピルリナには、他にも、カルシウムやカリウム、カリウムといった日常生活に必要となるミネラルが豊富に含まれいます。