大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナとクロレラの違いとは何か

    

スピルリナは30億年前から地球上に存在する藻の一種であり海水で育つのが特徴です。アメリカのモデルやセレブの間で人気のあるスーパーフードであり、理想的な栄養食品としてアメリカのFDAでも認められ、NASAでは宇宙食として開発が進められています。それは、健康と美容に大変優れた効果をもたらしてくれるからです。

しかし、それと見た目が緑色で良く似ていて、同じように健康に非常に良いと言われているものにクロレラがあります。こちらは淡水で生活するのが特徴です。これらはよく似ていますが、それぞれ違った特徴を持っているのです。

含まれている栄養素について

これらは両方とも、たんぱく質やミネラルやビタミンや食物繊維やクロロフィルなどを始めとする、様々な種類の栄養素を豊富に含んでいるのが大きな特徴ですが、両方を詳しく比較していくと違いが見えてきます。

クロロフィルはクロレラの方が若干多いですが、その分スピルリナには、抗酸化作用や免疫作用や抗炎症作用が認められているフィコシアニンという成分が含まれていますし、βカロチンやミネラルもこちらの方が豊富に含まれています。

また、消化吸収もこちらの方が優秀なので、同じ量を摂取した場合でも、より多くの栄養成分を吸収できるのです。

アルカリ性に保つ働き

人の身体は弱アルカリ性を保つ働きを持っていますが、インスタント食品やファストフードなどが手軽に入手できる現代では、身体は酸性に偏りがちです。すると身体は細胞や骨などからミネラルを出してアルカリ性に戻ろうとします。

それをサポートするためにも、アルカリ性の栄養素を含んでいる食品を摂取する必要があるのです。酸性体質は万病の元ですが、クロレラは酸性の性質を持っています。しかし、それに対して、スピルリナはアルカリ性の性質を持っているので、摂取することによって身体をアルカリ性に保つことが出来るのです。

どちらがより手軽に入手できるのか

このようにそれぞれの特徴を説明してみましたが、もう一つ重要なのは、どちらがより手軽に入手できるのかという点です。

優れた成分が含まれていても効果で手に入らないのなら意味がありません。この点に関して違いを比較してみると、クロレラは1000分の1の大きさで大変小さいために、製品にするのに遠心分離器にかけるなどして非常に手間がかかります。

それに対してスピルリナは、ろ過するだけで簡単に収穫できるので手間がかかりません。そのため大量生産に向いており、低価格で提供できるのです。そのため、こちらを摂取するべきだと断言できます。