大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナで恐ろしいガンを予防

    

ガンは人間の命を奪う恐ろしい病気ですが、スピルリナを取り続けることで予防することができます。

ガンの原因はたくさんありますが、毎日の食事がこの病気の引金になることがあります。バランスの良い食事をせずに、自分の好きな物ばかり食べていると、この病気になるリスクが高まります。

その例としては大腸癌があります。大腸癌は野菜を取らずに肉ばかり食べていると、発症のリスクが高まります。

ビタミン、ミネラル、脂質、炭水化物、タンパク質と言う五つの栄養素をバランスよく取ることが必要ですが、それができない場合はこれらの栄養素がすべて含まれたスピルリナで補うことができます。

免疫力を高めることができる

この食品を取ると、免疫力を高めることができます。免疫とガンの関係はよく知られており、免疫力が低下すると癌にかかりやすくなります。

この食品には人間の体質をアルカリ性に戻す働きがあります。その働きによって癌を予防することができます。もともと人間の体はアルカリ性なのですが、バランスの悪い食事などによって酸性になってしまいます。

体質が酸性になると疲れやすくなり、最終的には深刻な病気を発症することがあります。体が酸性になると人間の免疫を司る白血球の働きが弱くなり、それによって病気が起こりやすくなりますが、この食品を取っていると酸性化を防げます。

便秘を解消する働きがある

スピルリナには便秘を解消する働きもあります。これはこの食品の中に豊富な食物繊維が含まれているからです。

便秘が続くことは健康にマイナスになることが多いです。腸内の状態が悪くなり、体にとって毒になる物質を体内に排出することができません。また悪玉菌が増えて、善玉菌が減ってしまうので今話題になっている腸内フローラのバランスが崩れてしまいます。

忙しい現代人にとって、毎日食物繊維を取るのが難しい場合もあります。仕事が多忙だったら、外食を多く取るようになり、食物繊維が不足します。それを防ぐのがこの食品です。

ベータカロチンが含まれている

スピルリナには豊富なベータカロチンが含まれています。ベータカロチンは、癌の予防や改善に役立つと言われている栄養素です。特に血液中にベータカロチンの量が多いと、胃癌や肺癌になる恐れが小さくなります。

またベータカロチンが体の中に多いと、発癌のリスクも小さくできます。ベータカロチンは野菜に多く含まれていますが、たくさんの量の野菜を食べることは難しい場合もあります。

一日の摂取量は6ミリグラムなのですが、これはニンジンのおよそ半分の量や中程度のかぼちゃの1個に当たります。これほどの量の野菜を取るのは難しいですが、この食品を取ることで足りない分を補えます。