大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナは妊娠中や授乳中の体内に必要な栄養食品

    

妊娠中や授乳中に、胎児や赤ちゃんのために必要な栄養を食事だけでは補えない場合に、足りない栄養素を健康食品で補いたいと考える人は多いです。

しかし、妊娠中や授乳している時は、胎児や赤ちゃんの身体に何らかの影響を及ぼす可能性があるので、むやみにいろいろな健康食品を摂取するわけにはいきません。まずは、その健康食品は果たして安全なのか、その有効性を調べて何も問題ないかを確認する必要があるのです。

しかし、スピルリナなら、栄養価も高いですし、体内に入っても胎児や赤ちゃんに影響が及ぶことはないのでおすすめです。

豊富な栄養素と様々な効果について

スピルリナとは、30億年前から地球上に存在している藻です。ビタミンやミネラルやたんぱく質やアミノ酸や食物繊維などを含む50種類以上の豊富な栄養素が特徴です。

それぞれが健康維持に役立ち、生きていくために必要不可欠な成分であるため、スーパーフードと呼ばれています。

免疫力を向上させたりアレルギー症状を緩和させたり、貧血や便秘への改善効果や、抗酸化作用によるアンチエイジング効果やデトックス効果など、様々な効果が期待できますが、葉酸がたっぷり含まれているため、妊娠中や授乳中の女性にとっても嬉しい効果が期待できるのです。

妊娠中に必要な栄養素

葉酸は妊娠中に最も必要な栄養素です。無脳症などの胎児の先天性異常を防ぐ働きがありますし、造血効果もあります。

そして、妊娠中に脂溶性のビタミンAやビタミンDを過剰摂取すると、胎児の催奇形を招いて危険なので過剰摂取は控えるようにと言われていますが、スピルリナにはこれらは含まれていません。

それに、妊娠中はつわりが酷くて食欲が無い時や体調が悪い時もありますが、そんな時でも、胎児の成長に必要な栄養素がしっかりと摂取できますし、飲み方はとても簡単です。食事だけでは栄養が不足しがちな時におすすめです。

授乳中にも必要な栄養素

葉酸は授乳中の女性にとっても必要不可欠な栄養素です。それは母乳を通して赤ちゃんに栄養が行くからです。葉酸の働きによって作られる母親の血液が母乳の原材料になるからです。

母乳は赤ちゃんにとって総合栄養食であると同時に免疫の一部なので大変重要です。スピルリナには葉酸が含まれていますし、その他にも豊富な栄養素が含まれているので、質の良い母乳を出すためにも重要ですし、産後の身体を回復させるためにも非常に重要です。

サプリメントと粉末の2種類が存在するので、どちらでも摂取しやすい方で、意識して毎日摂取するようにしましょう。