大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナの身体に良い成分は骨の形成にも効果

    

あらゆる病気の元をたどると活性酸素に行き着きます。活性酸素は人間の身体に必要不可欠なもので、適量で在れば細胞を保護してくれます。しかし、量が増加し過ぎると酸化力が強いため細胞にダメージを与えてしまいます。

酸化が進むと老化や病気の原因となってしまいます。抗酸化食品として注目されている要因は、活性酸素を抑える力があり、免疫力を高めたり抵抗力を強くするのに有効なことです。

様々な栄養素をまとめて摂取できるので、身体中のあらゆる部分の健康維持に役立つだけでなく、糖尿病や高血圧などの生活習慣病やがんの予防にも効果があると期待されています。

骨の強化に必要な成分とは

骨の強化にはカルシウムが良いと信じられてきましたが、実は形成成分の50%はたんぱく質でできているのです。そして、カルシウムは25%を占めています。例えて言えば、たんぱく質が鉄筋に相当し、鉄筋を固めるセメントの役割に相当するのがカルシウムです。

したがって、強化に必要な成分はカルシウムだけでなく良質のたんぱく質が必要ということになります。たんぱく質が溶け過ぎると弱くなります。これが粗鬆症の原因となります。

若い人はたんぱく質が溶け出さないので強いのです。これは、血液検査で血清NTX基準値を測定することでわかります。この数値が高くなると危険信号で、新陳代謝が悪い証になります。

スピルリナで骨も強くなる

わずかな養分と太陽光をもとに栄養に満ち溢れた藻体をつくる強靭な生命力を持つスピルリナ。

その小さな体には良質な植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、豆腐の約12倍なのです。非常にプロテインスコアが高くいかに必要な栄養素が凝縮されているかがわかります。この良質なたんぱく質こそが必要な成分なのです。

また、たんぱく質のみならず、ベータカロチンやクロロフィルなどの抗酸化力が強い物質である色素が多く含まれていて、これらの物質も骨の形成に有効なのです。

ベータカロチンが多く含まれる緑黄色野菜の代表であるほうれん草と比べて40倍~60倍という含有量です。

スピルリナには身長を伸ばす効果も

身長を伸ばすのに必要な主要栄養素はたんぱく質です。たんぱく質食品と言われている肉類や魚類、豆腐などでも全体の30%程度です。食品からたんぱく質を摂取するのがどんなに難しいことかがよくわかります。

50%~70%がたんぱく質で形成されており、非常に吸収率が高いので効率よくたんぱく質を摂取できるのです。

そして、たんぱく質を人の体内で合成するために必要なのが亜鉛です。亜鉛は、成長ホルモンの分泌を助ける働きもありますので、身長を伸ばすためには必ず摂取したい栄養素です。しかし、亜鉛を豊富に含んでいる食品は少ないのです。この亜鉛も含有されています。

そしてもうひとつ欠かせない栄養素がカルシウムです。カルシウムは小魚や乳製品などの食品から摂取できるので、カルシウムは食生活の改善で解決できます。