大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナが血糖値に与える影響

    

2型糖尿病は、糖質の過剰摂取などが原因で起こる生活習慣病です。自己免疫疾患で膵臓の機能が破壊されて起こる1型糖尿病に対して、食事中の糖質の過剰摂取が原因で起こるケースがほとんどです。

スーパーフードと言われているスピルリナには、血糖値を改善させる効果が期待できるとされて注目されています。

人に対しての投与実験でも、糖尿病の指標であるHbA1cの低下に影響を与えたという報告があります。さらなる研究が必要とはされていますが、血糖値を下げることで糖尿病を予防する効果が期待できると期待されています。

血糖改善が期待できる理由

スピルリナの55〜70%は、タンパク質です。大部分がタンパク質で、他に脂質や炭水化物、ミネラル、ビタミン、食物繊維、なども含まれています。このうち、炭水化物は体内でブドウ糖になってしまいますが、重症の糖尿病でない限りは問題ないでしょう。

低カロリーにもかかわらず、糖代謝を促進してくれるビタミンB1や肥満解消効果のあるビタミンB2が含まれているので、糖尿病予防効果が期待できます。

タンパク質で内臓の機能を回復させるとともに、ビタミンの働きで血糖の改善に役立つという点が好影響を与えるとされている理由です。

高濃度のビタミンがポイント

スピルリナは、ビタミンB群が多いのが特徴です。ほとんどはビタミンB12で、これは動物性食品にしか含まれていない栄養素です。藻の一種であるにもかかわらず、動物と植物の性質を併せ持っているからこその特徴です。

ビタミンB群は、どれも糖代謝に関係している栄養素です。糖尿病治療の要とも言われている栄養素で、どれか単独ではなく一群として摂取するのが望ましいとされています。

ビタミンB群のサプリメントはたくさんありますが、他の栄養素も含みつつ、ビタミンB群の含有量も多いので糖尿病予防に効果を発揮します。

バランスよく摂れるのが最大のメリット

「栄養素はバランスよく摂ることが大切」とはよく言われることです。この理由は、栄養素は単独ではなく相互に関連しながらお互いの効果を補完して働くからです。なので、どれか一つでも欠けてしまうと効果が落ちてしまいます。

スピルリナはビタミン以外にも生命維持に必要な栄養素をほぼ完璧に満たしています。将来的には世界の飢餓問題解消にも貢献できると期待されているほどで、バランスをとるのにはとても良い食品です。

毎日摂取することが大切ですから、続けられる形で利用しましょう。サプリメントや粉末タイプが扱いやすいです。