大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナの貧血に対する影響とは

    

女性の身体は毎月月経で大量に出血することもあって血が不足しやすく、特に貧血に陥りやすくなっています。それはめまいや立ちくらみだけではない様々な二次症状を引き起こすこともあります。

どんなに健康や美容に良いとされる栄養成分をたっぷりと摂取していても、血液によって全身へと運ばれなければ、その栄養成分の効果を発揮することはできません。

そんな時は、スピルリナを摂取することが症状の改善と予防に繋がるので、ぜひ積極的に摂取することをおすすめします。というのも、貧血の改善にいい影響を及ぼす様々な成分が含まれているからです。

スピルリナの豊富な栄養素

スピルリナとは、30億年前から存在する藻の一種であり、ビタミンやミネラルやたんぱく質やアミノ酸や食物繊維などを始めとする、50種類以上の豊富な栄養素を含んでいるのです。そのため、健康や美容に様々な効果をもたらしてくれるスーパーフードとして、多くの人々から注目されています。

それだけでなく、貧血の予防に大きく影響するたんぱく質と鉄が豊富に含まれているのです。そもそもの原因は赤血球の減少することです。その赤血球を生成するのがヘモグロビンであり、そのヘモグロビンを生成する際に必要なのがたんぱく質と鉄と葉緑素なのです。

豊富なたんぱく質と鉄と葉緑素による改善

スピルリナには豊富なたんぱく質が含まれており、しかも分子が細かいので吸収されやすいというメリットがあります。たんぱく質には血管を強く元気にする働きがありますし、鉄の吸収に欠かせない成分でもあります。そのため、重要な意味を持っているのです。

葉緑素は血液を作り出す働きがあるので欠かせない成分です。そして、鉄の含有量の多さも特徴のひとつです。その含有量は、鉄を多く含む代表格の食品と言われているレバーをも上回るほどです。

これらの栄養素を充分に含んでいるため、血液を作り出して症状を改善してくれるのです。

摂取する時の注意点について

ただし、身体に良いからと言って摂り過ぎてはいけません。過剰摂取は急性鉄中毒や胃腸障害などを引き起こす恐れがあります。一日の摂取量をきちんと守ることが重要です。

また、プリン体を多く含むので、痛風など尿酸値が高い人は注意して摂取した方がいいでしょう。そして、食事の30分前に摂取するように心掛けると、後から入ってくる脂質や糖質の吸収を穏やかにしてくれるので、貧血の改善だけでなく肥満の予防にも繋がるので一石二鳥です。

サプリメントと粉末の2種類が存在するので、どちらでも飲みやすい方を選んで摂取するといいでしょう。