大注目のスーパーフード「スピルリナ」サプリを厳選比較!

スピルリナは緑黄色野菜より健康に良いβカロテンが豊富

    

驚異のスーパーフードとして、いま注目されているスピルリナには、わずか4グラムの中に1日に必要な緑黄色野菜の推奨摂取目安量である120g分のβカロテンが含まれています。

βカロテンという成分は、カロテノイドの一種で、その特徴は強力な抗酸化力を持っているということです。老化の原因とされるのが活性酸素による酸化ですが、それを防ぐ力があるわけですから、適量を毎日摂取することで、様々な健康に良い効果が期待できることがわかります。

120gの緑黄色野菜を毎日食べることが難しいという方は、スピルリナのサプリメントで補うというのも手です。

活性酸素の役割と過剰な増加の危険

もともと活性酸素というのは、体内に侵入したウイルスと闘う働きがある大切なものです。しかし、過剰に増えてしまうと、有害な物質だけでなく、自らの体まで痛めつけてしまいます。

活性酸素が過剰に増加してしまう原因としては、ストレスや紫外線、喫煙、不規則な生活習慣や加工食品などによる添加物の摂取など、様々な原因がありますが、その結果として、老化を促進されたり、動脈硬化やガンなどの恐ろしい病気につながってしまったりすることもあるので、活性酸素の過剰な増加は日常生活においては要注意なのです。

活性酸素を防ぐために

過剰に増加してしまった活性酸素の働きを防ぐためには、活性酸素が増加する原因となるものを体内に取り込まないように注意することと、体内で増加してしまった活性酸素に対しては、抗酸化作用がある成分を摂取することによって、その働きを低減させることが重要になってきます。

そして、抗酸化作用の働きがある成分の一つがβカロテンというわけです。スピルリナを摂取することで、緑黄色野菜だけでは摂取しきれなかったβカロテンを摂取することができ、心臓病やがん、脳卒中などの生活習慣病のリスクを軽減させることが可能です。

美肌効果も期待できる

また、活性酸素は肌の細胞を老化させていきますから、しわやたるみ、シミ、くすみなど、あらゆる肌トラブルの原因となります。そのため、健康だけでなく、美肌効果のためにもβカロテンは効果的です。

また、βカロテンは抗酸化作用があるだけでなく、必要に応じて体内でビタミンAに変わります。ビタミンAはお肌の新陳代謝を促進する働きがあるために、みずみずしいお肌に改善したり、ニキビ肌を改善したりすることができます。

緑黄色野菜の中では、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーの中に多く含まれていますが、毎日食べるのが大変な方は、スピルリナサプリで手軽に摂取すると良いでしょう。